3/4 茶亭 羽當(はとう)@渋谷

d0068063_11131818.jpg
今日は5時間びっちりヒンディー語をアジア・アフリカ語学院で受けた後、友達と渋谷に集合!!
へろんへろんの頭を、移動中に(しかしバスは来ないし、混んでるし><)ようやく切り替えて、、、。

本日の目的は、渋谷の素敵な喫茶店でバイトしてた、吉祥寺ケーキセミナーのときの友達に珈琲について、仕入れルートとか、入れ方とか、色々相談に乗ってもらおうと思いまして♪
その友達はコーヒー豆屋さんで営業として働きながら、この羽當というお店でバイトしてたのです。当時から顔を出そう出そうと思っていたのだけど、なかなか行けないうちに彼女はご結婚。お仕事を引退されて、今はご懐妊中。
もう一人の共通の友達と3人でお店に集合です。
、、、が、しかし土曜日、pm6:00の店内は超満員~! すごかった。
広いお店なのに、ぎっちぎちーー。

カウンター席にとりあえず無理やりのように席を作っていただいて、なんとか座ってみたけど、その目の前に所狭しと並べられた珈琲カップの素晴らしさに、まず息を呑みます。
すごいですー!
私は金目のものにすごくうとい(物質よりも精神的なものに価値を置いてるので。なんちゃって)ので、何がなんだかブランドはほとんど知らないけど、高価な器とゆーのは、すごいですね。無言なのに、多くを語っている。笑
オーラに、負けました。。。 ま、まぶしいっ。
うといなりにも、なんか「すごいなー、なんかやっぱこういう器は素敵だなあ」と思いました。
もちろん、器に見合うとても美味しい、リッチな珈琲!!
おおおーっ、さすが混んでいるのには理由がある!と、納得!

真ん中の写真をご覧ください。
あたかも、外と錯覚するかのような(?)立派な枝!
こういうのが、これまたすばらしい花瓶にぐっさり、のっしりと活けられていて、癒されるというか、ぜいたく感と満足感を与えてくれますね。

実は、私も10年以上前?!、新宿の「亜麻亜亭」という喫茶店でしばらくバイトしていたことがあって。当時はたくさん支店があったのだけど、(今はルミネの「アマティ」くらい?)今はそのお店ももうない。 そこも、花瓶とかは似てました。すごく存在感のある素敵なお花を常に活けてましたね~。
その代り、飲み物はフツーのカップだったし、値段もフツーでした。
味は良かったです。
流行っていたし、美味しかった。

ここでは、ご飯を食べに行くので、ケーキにトライできなかったのが残念。。。

相談にも色々乗ってもらえたし、とっても素敵な喫茶店に出会えてよかったー!っていうか、彼女がバイトしてる時に来ておけばよかった~。

羽當(はとう)
[PR]
by calcutta_cafe | 2006-03-06 21:39
<< 3/4 cafe gooch@渋谷 3/3 しょんぼりひな祭り。 >>